« April 2011 | Main | June 2011 »

May 2011

May 08, 2011

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番/交響曲第7番 (CD)

Piano_concerto_4
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番/交響曲第7番

暗いが滋味溢れるロマン的演奏を、高忠実に LP 復刻.DreamLife ありがとう, 2011/5/8

             
 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番/交響曲第7番 (CD)       

10/31~11/ 3/1943 旧フィルハーモニー, ベルリンにて

戦時下の、これらフルトヴェングラー録音テープ含め器機やコンセントまでソ連軍に持ち去られた。彼の地でメロディア レーベルで販売されたもの。今回その希少な LP から復刻されて良質の音でプレスされている。LP 時代から評価の高い演奏だがモノラル音の不自然さに、何度か CD も取っ替え買い直した。DreamLife 社のおすすめ盤の第一として購入し自然な楽音に溜飲を下げている。SACD ハイブリッド、復刻の背景となる分厚い解説付き。

コンラート・ハンゼンは来日時の印象では、平凡なピアニストとの印象らしい。しかし、ここでは巨匠のサポートの元、極めてロマンチックな冴えを見 せ、バックハウスにも劣らない。ピアノから静かに開始されるが、オケのテュッティは、凄まじい爆発を見せる。冒頭、指揮者が何度もタクトでピシッと叩いて (フルベンにはよくある)注意をうながしている。この楽章のカデンツァは、非常に長く、アパッショナータの主題まで出てくるが、おそらく指揮者のアイデア も、入っているだろう。

第二楽章は、ピアノとオーケストラが交代して掛け合いを見せるが、ゆったりしたテンポ、弱音のピアノとフォルテのオケが説得力を持って迫ってく る。この楽章の終結部分は非常にゆったりとしてロマン的に締めくくるが、テンポがよく持つと思われるくらい遅く、死んでしまうかのようにゆっくり静かに終 わる。他の演奏にない暗い印象。

フィナーレはいつものように活気に満ち聴いていて元気づけられる。エトヴィン フィッシャーとの5番"皇帝"よりも好きになってしまった。LP 復刻や良質なプロデュースは DreamLife 盤の他は見あたらない。

交響曲7番については、フルトヴェングラーのレコードもいくつも存在するし、EMI のスタジオ録音始め感動的であるが、この大戦時の演奏は、エネルギッシュにスフォルツァンドを効かし、"リズムの権化" にふさわしいものだ。リズムとディナーミクは一体のものであることを感じさせてくれる。

参考:
フルトヴェングラー 音と言葉
音と言葉 (新潮文庫)
フルトヴェングラー 音楽ノート
フェルトヴェングラーの手記
回想のフルトヴェングラー (1982年) (白水叢書〈62〉) エリーザベト夫人による
http://www.peace-ashram.org/essay/Furtwangler.doc an English essay 英語論文

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2011

公共交通バリア問題

In the U.S., my neighbor, seemingly Cervical SCI victim, is commute-training with a volunteer; watch neck support and his W/C hooked by the driver.

アメリカ、近隣の見たところ頸髄損傷の方がヴォランティアに伴われ、交通トレーニング。頸部サポート、車椅子は運転手によってフックされていることに注目。

Driver2010

Front door access on the low floor and kneeling mechanism is now prevailing on MBTA, too, in 2010.
アメリカの低いフロア、ニーリングメカニズム(バスが膝まづいてさらに低くできる)前方ドアからのアクセスは、公共交通のMBTAでも今や定着していく。

Good luck and take great care for your commute-training, and thank you for your permission to publish and cooperation for the Japanese policy makers!
充分気をつけて、そして、交通トレーニングに幸多かれ。写真公表にご理解、そして日本の政策立案者へのご協力ありがとう!

With only ambiguous but without effective equal employment opportunity including people with disabilities, we don't see wheel chairs in towns.
障害持つ市民含む雇用機会均等が、曖昧でなく効果的に実現しない限り、車椅子は街にあふれ出ない。授産所、共同作業所は、日本の恥であろう。

Bostonの進んだバリアフリー        Barrier 1 へもどる

                     Barrier 2 便座高、伸縮杖長など問題 へもどる

建築デザイン Barrier 3 へもどる

* 参考:

2005 F. A. Davis Co. ISBN-10: 0803612389 ISBN-13: 978-0803612389
詳細なバリアフリー基準が、図・基準値入りで説明されている。戦前から車椅子の大統領を持つ国の ADA法基準(1990年)は包括的。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

優しいバリアフリー?? Problematique Accessibility in Japan

優しいバリアフリー?? Problematique Accessibility in Japan

Village_station2

Trains run before 6:00, stations does not accept phone calls, and maintenance is by another company in unmanned station, JR Takayama Line. Secure?
A therapist buying his own wheel chair, now having his second one in the U.S., he has found how savage Japanese people on wheel chairs are. Only representative pictures have become these amounts.
JR高山線無人駅、列車は6:00前から走る、駅は、電話を受け付けない、保線区の仕事は別会社。安全なの?アメリカへ向かう空港への雪の朝、スーツケー スをかついで反対車線へわたり、車椅子を運んだあとのシャッターチャンス。療法士が自分の車椅子を買い、現在アメリカに2台目... 執念の調査を続けているが、代表的写真のみでも、これだけの量になった。

Bostonの進んだバリアフリー      Barrier 2 便座高、伸縮杖長など問題 へつづく

建築デザイン Barrier 3 へつづく   公共交通 Barrier 2 へつづく

* 「助けが必要な人は旅行前に前もって連絡せよ」とは、国鉄がいつも言ってきた。人間工学デザイン、環境ならば援助は要らない。特に公共交通の建築士や、車両デザイナーの無知ぶり甚だしいものがある。視覚障害のバリアフリーは進んだか?に見えるが、車椅子客は見かけない。世界に誇る新幹線も、車椅子にはバリアだらけ。

* 国会はふかふか絨毯。首相官邸はどうなの?障害者貴族国会議員はいても、車椅子は押してもらっていたのだろう。国会駐車場には、車椅子駐車場はない。国鉄と同じように、「障害者は前もって連絡して団体で来い」と言っている。民間のファミリーレストランの方が、車椅子トイレはまだにしても駐車場あるだけ進取的。。車椅子バリアは、高齢者バリアでもある。 政策立案者へ提案:
菅 直人首相が草の根の市民運動出身ならば、最も弱い人、子供、病者の痛みを分かるはず。(デザイナーもちろん)すべての施策立案者が、"車椅子自走障害体験"をすべきである。Franklin D. Roosevelt 大統領は、決して車椅子上での映画撮影を許さず独立自尊に徹した。腰部脊髄損傷は、自動車運転、車椅子で独立生活できる。贅沢な国会の絨毯を引っぱがすのは時間の問題。公費でも自分の車椅子持ち"脊髄損傷 障害体験"したまえ! まず隗(かい)より始めよ。

As Prime Minister Naoto Kan is from grassroots civil movement, he must understand pains of the weakest, children, and the sick. Every policy maker experience a person with disabilities on wheel chair that you can drive.

* 西欧では、マーケットで車椅子運転手によく出会うし、車椅子駐車場も普通の運転手が使うと罰せられ、レッカー代も自己責任。空港でも、鉄道でも電動車椅子客にたくさん出会う。日本では、公共の場で車椅子を見かけないのはなぜなのか?物理的・社会的環境のみではない、人々の(差別的、あるいは無視して考えに入れない)態度に問題がある。立法者もとより。国際生活機能分類の環境因子に注目していただきたい。

* 学童期までは養護学校に封じ込め。それ以後は、授産所、共同作業所に封じ込め。40歳以後、高齢期は介護保険で封じ込め。(障害者とも呼ばないで)障害持つ日本人の施策は封じ込め(アパルトヘイト)。すべての公共施設でなく、障害者施設だけ車椅子バリアフリーだが、法律もそうなっている。ハートビル法、交通バリアフリー法、バリアフリー新法も抜け穴だらけ、細切れ。官僚作文テキストも判読しづらい。

* 障害持つ日本人の雇用機会均等も、実際の運用は均等ではなく(大企業は高い税金はらって雇用しなくて済む)。障害の中でも、歴史的に視覚障害は優遇され、格差が歴然。必要は発明の母だから、(普段見かけない)車椅子バリアフリーは全国で遅れている。

* 都会は予算が潤沢だから、付けるとなるとエスカレーターも上り・下り、そしてエレベーター。不必要な器機の前に、建築設計も基本ができていない。山の手線駅の改札口で、階段上って(小エレベーター付き)改札口と言うものまである。

公共交通バリア問題 Problematique Accessibility in Japan 4
Too high

Too high for the people on wheel chairs, if good for blind pedestrians with braille in Gero Station, Japan.
点字付き 視覚障害・歩行者用の高さも、車椅子者には高すぎる。(下呂駅)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »