« 優しいバリアフリー?? Problematique Accessibility in Japan | Main | ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番/交響曲第7番 (CD) »

May 01, 2011

公共交通バリア問題

In the U.S., my neighbor, seemingly Cervical SCI victim, is commute-training with a volunteer; watch neck support and his W/C hooked by the driver.

アメリカ、近隣の見たところ頸髄損傷の方がヴォランティアに伴われ、交通トレーニング。頸部サポート、車椅子は運転手によってフックされていることに注目。

Driver2010

Front door access on the low floor and kneeling mechanism is now prevailing on MBTA, too, in 2010.
アメリカの低いフロア、ニーリングメカニズム(バスが膝まづいてさらに低くできる)前方ドアからのアクセスは、公共交通のMBTAでも今や定着していく。

Good luck and take great care for your commute-training, and thank you for your permission to publish and cooperation for the Japanese policy makers!
充分気をつけて、そして、交通トレーニングに幸多かれ。写真公表にご理解、そして日本の政策立案者へのご協力ありがとう!

With only ambiguous but without effective equal employment opportunity including people with disabilities, we don't see wheel chairs in towns.
障害持つ市民含む雇用機会均等が、曖昧でなく効果的に実現しない限り、車椅子は街にあふれ出ない。授産所、共同作業所は、日本の恥であろう。

Bostonの進んだバリアフリー        Barrier 1 へもどる

                     Barrier 2 便座高、伸縮杖長など問題 へもどる

建築デザイン Barrier 3 へもどる

* 参考:

2005 F. A. Davis Co. ISBN-10: 0803612389 ISBN-13: 978-0803612389
詳細なバリアフリー基準が、図・基準値入りで説明されている。戦前から車椅子の大統領を持つ国の ADA法基準(1990年)は包括的。

|

« 優しいバリアフリー?? Problematique Accessibility in Japan | Main | ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番/交響曲第7番 (CD) »

優しいバリアフリー??」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 公共交通バリア問題:

« 優しいバリアフリー?? Problematique Accessibility in Japan | Main | ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番/交響曲第7番 (CD) »